令和元年11月9日(土)
於 : ニューオーサカホテル
議事録作成 総務部 大薄利也

▽出席者
・関西支部
桑幡支部長
大内田事務局長
山下総務部長
川邊顧問
中馬相談役
秋窪相談役
小丸相談役
坂口副支部長
和田副支部長
山之上副支部長
谷山副支部長
尾松副支部長
原田副支部長
牟田会計幹事
大薄会計幹事
大坪理事
宮薗理事
柳田理事
加納理事
阪田理事
橋 健三氏
・同窓会本部
福永会長
・関東支部
川辺事務局長
・名古屋支部
本吉支部長
板元幹事
・岡山鹿児島県人会
上牟田会長
・学校
大山校長先生
吉嶺先生

1.山下 関西支部総務部長
◇皆様の忌憚なき意見を頂戴し、次年度に反映いたしたく反省会を開催する旨説明
・開催場所を、昨年度のアンケート結果(移動手段、料理等)を反映して、大阪キャッスルホテルから「ニューオーサカホテル」に変更した
・演劇の部でのトラブル(音楽)は、次年度への反省材料とする

2.大山 校長先生
◇「わけもんの会」を評価したい・・是非続けて頂きたい
・素晴らしい会でした 有難う御座いました

3.福永 同窓会本部会長
◇若い人が多く出席して、雰囲気も良く活気ある会でした
・「同窓会に関心があれば行ってみようか」と、若い人が来るのでは
・是非続けて頂きたい

4.本吉 名古屋支部長
◇初参加でしたが、「井の中の蛙」ではいけないと感じた
・若い人が抱負を語ってくれた
・名古屋はリピーターが少ない(活性化を図りたい)

5.上牟田 岡山鹿児島県人会会長
◇関西は若い人の参加が多く雰囲気も良い
・岡山は若い人が来ない(岡山の課題)
・「わけもんの会」を参考にしたい

6.小丸 関西支部顧問
◇「若い人が来ない」と思っている(何で来ないか考える必要がある)
・故郷意識が薄れているのでは
・「団結と仲間意識」に、火をつける事が重要では
・若い人が、団結して組織を盛り上げる事が必要では

7.川邊 関西支部顧問
◇会を面白くしないと「若い人」は来ない
・少子高齢化の折、限界の会になるのではないか心配である(限界集落を例えて)
・若い人が楽しくなる様な会にしなくてはならない
・「来年も行きたい」と思う様な会にして欲しい

8.尾松 関西支部厚生部長
◇ハプニング等のあり、心配を掛けた(来年度はしっかり対応したい)
・各顧問の進言通り、引き続き「若い人」の参加への啓蒙活動を図る
・厚生部として、わけもんの会とのコラボ、各イベントの案内等

9.吉峯 学校事務局
◇学校での「同窓会啓蒙活動」を説明&紹介
・バッジ販売へのお礼(帽子校章を廃止した為襟バッジを用意した)
・アルバムの一頁に「同窓会の名前」を入れて啓蒙している
・校長より、月曜日の全体朝礼で“寄付金が寄せられた”等披露して、「同窓会は皆さんを見ているよ!」と全校生徒に話している
・企業(会社等)が来校した折りには、校長より「同窓会」に参加出来る様に配慮願いたい旨依頼している
・個人情報の管理は厳重に行っている(問い合わせは断っている)

10.山下 関西支部総務部長
◇学校事務局の活動は有難い・・是非続けて欲しい期待している
・個人(卒業生)にたどり着くには、個人情報等に鑑みて時間が掛かる

11.秋窪 関西支部顧問
◇新人歓迎会も、若い人の「同窓生の集い」参加への一助になっている(わけもんの会事務局の活動の成果)
・一人のリーダーからネットを介して呼び掛けられる

12.大内田 関西支部事務局長
◇学校への依頼・・生徒に対して基本的な事を指導して頂きたい
・電話等に返事がない(事務局、総務部長は苦労している)

13.吉峯 学校事務局
◇あらゆる手を打っていきたい
・各先生から指導&伝達させる
・卒業生(各メンバー)に対して、支部長が説明している(同窓会入会式)
・取りまとめ人(リーダー)に自覚を持たせる

14.山下 関西支部総務部長
◇支部も頑張っているので引き続き支援をお願いしたい
・学校事務局(吉峯先生)には、多くの情報を提供頂き感謝している

15.桑幡 関西支部支部長
◇若い人の参加が少ない・・「限界集落を例えて話す」
・若い人にターゲットを当てて活動していく必要がある
・卒業式で本部活動を説明して同窓会への参加を呼び掛けている

以上