令和1年7月20日(土)

<午前11時~15時>
於:ニューオーサカホテル3F
議事録作成 総務部 大薄利也

出席者
桑幡支部長 大内田事務局長 山下総務部長
川邊顧問 中馬相談役 秋窪相談役 小丸相談役
谷山副支部長 坂口副支部長 尾松副支部長 原田副支部長
山之上副支部長 加納理事 坂田理事 柳田理事 宮薗理事
牟田会計幹事 大薄会計幹事

Ⅰ.挨 拶・・・・【桑幡支部長】
1. 忙しい中、御参集頂き有難うございます
2. 支部活性化活動の中、下記4社の協賛広告を頂いており感謝します
1)医療法人社団 ケイ歯科クリニック殿(院長・山下圭一郎様「機械科昭和41年卒 山下文男様氏子息」)
2)住光建設株式会社殿(代表取締役・建築科昭和43年卒 坂口藤則様)
3)株式会社パルステック殿(代表者・機械科昭和42年卒 橋健三様)
4)竹焼酎きりしま株式会社殿(代表取締薬・機械科昭和41年卒 丹治松一様)

Ⅱ.一部 支部役員会議題
1.「同窓生の集い」(11月9日)準備について(資料1・資料2) ・・・【大内田事務局長】
◆「総会」から「同窓生の集い」に改名する(昨年より実施済)
◆会場=ニューオオサカホテル(生駒の間)
1)全体スケジュールの説明(抜粋)
(1)同窓会本部への連絡期限<招待>(8月16日)・・支部長
(2)名簿整理、各科必要枚数の連絡期限(9月6日)・・組織部長・事務局長
(3)名簿、案内状関係書類を副支部長へ送付(9月16日)・・総務部・事務局
(4)他支部役員招待/母校事務局への案内状(9月20日)・・支部長・事務局長
(5)会員への案内状発送(9月30日)・・副支部長【更新済の「新名簿」を使用の事!】
(6)出欠状況打ち合わせ<出席者掘り起こし>(10月26日)・・総務部他各部構成員
(7)収支決算報告書・監査(11月1日)・・事務局長・会計幹事
(8)事業報告書/総会式次第作成(11月1日)・・総務部長
(9)連絡(出欠)葉書締め切り(11月2日)・・事務局長
(10)名札/テーブル割り/受付名簿/総会資料プリント(11月5日)・・総務部・事務局
(11)最終人数確定と会場への連絡(11月5日)・・総務部長・事務局長

2)「同窓生の集い」当日(11月9日)のスケジュール説明
(1)同窓生の集い(総会)
①12:20~ 受付 ②13:00~13:30 総会 ③13:40~16:00
懇親会 ④16:30~18:00 意見交換会(来賓と役員参加)
(2)総合司会・・総務部長3)議長・・総務部長4)懇親会司会・・厚生部長
(5)乾杯・・当日6)演芸・・松原美穂<昨年出演>/合志端姫<かごしまファンデー出演>
(7)閉会挨拶・・当日8)事業報告・収支決算報告・役員改選・・事務局長・会計幹事
(9)受付 12:20~<総務部>10)役員/総務部/厚生部集合 11:00

3)関西支部の創設始期について
(1)関西支部は何周年になるか記録簿を調べてみた
① 昭和8年の発足当初は「錦江会」と称していた
② 昭和8年5月6日に春期総会を開催その後、毎年開催されるも昭和13年10月20
日の「加工修学旅行歓迎会」の開催後、戦前の混乱期の為一時途絶える
③ 昭和28年10月10日戦前戦中の混乱期を過ぎ、ようやく総会の開催にこぎつける
「鹿児島県立加治木工業高等学校大阪支部」と改称し、改めて発会する
◆同窓会創設時の先輩諸氏の熱意とその後の努力に鑑み、昭和8年5月6日を関西支部
の創設始期とし、「本年を86周年」とするのが妥当かと提言があり承認される

2.役員改選(資料3) ・・・【大内田事務局長】
◆加治木工業高等学校同窓会関西支部 新役員名簿(案)が上程された
<任期:令和1年11月~令和3年11月>
1)支部三役について
1)支部長・・桑幡 泰寛(留任)2)事務局長・・大内田 直(留任)
3)会計幹事・・牟田 雄二(留任)/大薄 利也(退任予定)

2各科副支部長について
(1)建築科副支部長・・坂口 藤則(留任)2)土木科副支部長・・山之上 伸一郎(留任)
(3)電気科副支部長・・谷山 文徳(留任)4)機械科副支部長・・尾松 学(留任)
(5)電子科副支部長・・原田 光憲(留任)
(6)工芸科副支部長・・稲留 和代(体調不良並びに会員高齢の為活動は厳しいが、「工芸科 名」を残す「留任予定」)
(7)化学科副支部長・・淵脇 英義(退任の申し出があるが、「三役並びに秋窪相談役と本人」で再度話し合う事とする)
役員の交代、退任は「役員会決議事項」である為、該当者は役員会に出席し事情等を説明する必要がある
3.「関西蔵王会」と「オール建築会」の統合について ・・・【桑幡支部長】
1)統合への経緯と、趣旨・目的について(資料4)
(1)現 状
①「関西蔵王会」
・平成10年、土木科単独ゴルフ会から始まり、3年後に「関西蔵王会」として開催し現状に至る
②「オール建築ゴルフ会」
・5年前から「建築科40年卒」を主体に1組で開催してきた
・昨年から関西支部の活性化の話を受け「オール建築ゴルフ会」と改名し、全科の方からも参加頂き親睦を深め又、情報交換を行いながら開催してきた(現状:4組)
(2)発生してきた課題
① 関西支部内に、今迄の「関西蔵王会」と「オール建築ゴルフ会」が存在し、「何かと紛らわしい」という声がある
②「オール建築ゴルフ会」が大きく成り過ぎて、「他学科ゴルフ会の発足が難しい状況」が発生している
(3)改善策
① 両方を合併して、「オール・関西蔵王会」と改名して「1年に3~4回位開催する」
② 関西支部の下部組織として、実行委員会を設立して、支部長が実行委員長、各学科副支部長が実行副委員長とし、全学科から参加を呼び掛け全員野球体制で盛り上げて行く形態にして事務局を置き構成する
③ 幹事は永久幹事にするのではなく、支部活性化の為、一人でも多くの方に呼び 掛けが可能な、建築科、工芸科、化学科、土木科、電気科、機械科、電子科の共同企業体のゴルフ会として各学科実行副委員長が幹事役とし、順次持ち回り制とする
④ 事務局は幹事のサポート役に努め「案内書」「組み合わせ」の作成、「出納管理」「ホームページ作成」等を行う
⑤「オール・関西蔵王会」として、今秋よりリニューアルオープンしたい
尚、同資料は、5月16日関西蔵王会成績発表後に協議し全会一致で了承したものを今役会で報告したものである

2)「オール・関西蔵王会」規約の説明(資料5)
(1) {名 称}
第1条本会は「オール・関西蔵王会」と称する
(2){目 的}
第2条本会は、ゴルフを通じて加治木工業高等学校同窓会 関西支部(以下「支部同窓会」と言う)活動の一環として会員相合の親睦を図ると共に、会員の健康増進に寄与すると共に、皆で支部同窓会の活性化を推進していく事を目的とする
(3){事 業}
第3条本会は、前条の目的を推進するために、次の事業を行う
(1会員相合の親睦を図るために、年3回(5月・7月・11月)にゴルフコンペの開催を行う
(2支部同窓会開催の諸事業への積極的な参加
(3会員名簿の整理及び管理
(4){会 計}第4条~(9) {ハンディキャップの改正}第9条は資料を参照願います
(10){規約の改廃及び変更}
第10条本規約の改廃及び変更は、会員全員の決議を以って行う
(付 則)
本規約は令和元年7月20日より施行する

【主な検討事項(引継ぎ事項含む)】・・7月20日役員会
(1)関西蔵王会は第41回であったが、「オール・関西蔵王会」は第1回or第42回としてスタートするのか?⇒⇒『第42回としてスタートする』
(2) 工芸科は昭和40年卒が最後であるが、「工芸科」の扱いはどうしたらいいのか?
⇒⇒『名(工芸科)だけ残す』
(3) コンペ開催で5月はGWを、11月は「同窓生の集い」を配慮した期日にしたい
⇒⇒『11月を10月へ変更(4月・5月・10月/年3回)』
(4) コンペ毎のハンディ修正で「ネットがアンダーの場合はその部分カットなし」とした
⇒⇒『了承』
(5) 各科の副委員長の出費(切手・封筒等)は年末に清算する(事務局に連絡する事)
⇒⇒『了承』
(6) 年末の「反省会」の実施はどうするか?⇒⇒『10月のオール・関西蔵王会で行う』

3)会員名簿と各自ハンディキャップの算式について(資料6を参照願います)

4)「関西蔵王会」閉会の挨拶について・・・【関西蔵王会幹事:中馬相談役】
◆平成10年土木科単独ゴルフ会から始まり、3年後に「関西蔵王会」として開催し、皆さんのお陰で今年で21年目を迎え、5月に第41回大会を無事迎える事が出来ました・・永い間のご協力とご支援に対しお礼を申しあげるとの挨拶がありました
又、会員から「長い間の幹事役お疲れ様でした」と感謝の言葉がありました

4.その他の報告・連絡事項(資料7を参照願います)・・・【桑幡支部長】
1)「オール・関西蔵王会」開催予定
(1)10月24日(木)太平洋クラブ有馬コース OUT・IN8:00 同時スタート
◆このゴルフ会から「第42回 オール・関西蔵王会」とします(5組予定)

2)関西かごしま県人会 総連合会「第19回定期総会」
1)8月23日(金)11時~ 京都ホテルオークラ・・大内田事務局長/
山下総務部長参加
3)関西かごしま県人会 総連合会「第12回稲盛杯親睦ゴルフ大会」開催予定
1)9月26日(木)読売ウエストコース 8時 マスター室前集合
◆加工関西支部として3組予定(参加希望者は8月5日迄「支部長の携帯迄」)

4)加工同総会関東・名古屋支部及び本部総会の開催予定
1)9月14日(土)関東支部 総会・懇親会 ・・大内田事務局長参加
2)10月12日(土)名古屋支部 総会・懇親会 ・・大内田事務局長参加
3)10月19日(土)本部ゴルフ会・総会・懇親会・・桑幡支部長/
大内田事務局長参加
5)関西かごしま県人会 総連合会から「入場券販売諸経費」の連絡(5月2日)
1)昨年同様15%の「ファンデー入場券販売諸経費」の振込連絡がありました
尚、振込金は同窓会活動の一助とさせて頂きます

6)第16回関西かごしまファンデーの開催について(6月22日)
1)各県人会・役員によるアンケート回答の報告(下川幹事長より)
①関西圏内の県人会の大きなイベントで繋がり・絆が大きい
②田舎鹿児島の観光・産業の発展に大きく貢献してきた、ここで止めるのではなく苦しいが何らかの形で実施していく事が総連合会の仕事
③「今迄同様、田舎・鹿児島県の観光・経済に貢献すべき」との意見が60数%ある
【今後は】
◆特別委員会を設け下記の課題に対して前向きに検討する
①開催場所はどこに ②経費が赤にならないか ③稲盛会長のスケジュールとの調整

7)母校・創立110周年記念事業の募金の件
(1)同窓会本部事務局と協議結果
①募金期間 第1期 2019年4月1日~2020年8月31日
第2期 2020年9月1日~2021年3月31日

5.各科活性化活動報告
1)建築科(資料8・・詳細は参照願います) ・・・・【坂口副支部長】
1)支部の目標
①支部総会へ出席者の増加へ向けた活性化推進活動を展開
(2)建築家の目標
①「オール建築会」の立ち上げ
●ゴルフ会の開催・・年2回実施し若い人の参加・新規参加者の発掘に繋げる
●「飲み会」の立ち上げ・・ゴルフをされない方も参加出来る様に、忘年会や新年 会を展開していきながら若い人の参加・新規参加者の発掘に繋げていく
※建築科の卒業生に限らず、同窓生皆さんの参加をお待ちしております
尚、「オール建築会」のゴルフの部は今後「蔵王会」と統合して、「オール・関西蔵王会」と改名して、開催する事になる
②「わけもんの会」への協力
・昨年発足した「わけもんの会」に、我が社社員(5年前から母校より採用している/今後会社の重要社員となって欲しい事も考慮)をリーダーにして。この会を盛り上げて行かねばと考えます
そのために、積極的に出席し活躍出来る様に指導&支持し支援していく
(3)実施状況と成果
①「ゴルフ会」の実施状況
●1回目・・昨年11月2日(金)東条パインバレーゴルフクラブで中馬相談役も参加頂き2組(8名)で実施
又、建築科42年卒の桑原さんが新規で参加頂き、同窓生と楽しい一時を過ごす
●2回目・・今年6月9日(金)太平洋クラブ有馬コース(4組:16名)の予定が大雨で延期⇒10月24日(木)同ゴルフ場で「第42回 オール・関西蔵王会」として開催を予定している
②「飲み会」の実施状況
●昨年12月2日(水)大阪・肥後橋「九州酒場」で13名参加し忘年会を実施
「皆さんには其々ストレスがある様で、体調、病院、年金、孫の事等で話が尽きない様でした」
③「わけもんの会」の状況
●平成27年度卒の「A君」をリーダーにして、彼らが活動し易い様に支援していく予定でしたが、今年6月にA君が当社を退社した為、再度支部幹部と相談して活動を軌道に乗せていきたい
・昨年7月20日(土)「新入会員歓迎会」には12名の若者が参加
・現在の「わけもんの会」のグループラインのメンバー25名
・今年7月20日(土)「新入会員歓迎会」や11月9日(土)「同窓生の集い」に若い卒業生の参加者が増えてくれる様に活動していきたい

2)電気科(資料無し) ・・・・【谷山副支部長】
(1)電気科の取り組み状況
①「同窓生の集い」への参加者2桁を目指して活動する
●「飲み会」等を通じて参加者を集う

【桑幡支部長談】
(1)「建築科」について・・「わけもんの会」の立ち上げに、先ず「建築科」が取り組んで頂き感謝している
(2)「電気科」について・・次回は、報告書を作成のうえ報告願いたい
◆次回(令和2年1月18日「土」)は、「土木科」と「わけもんの会」の報告をお願いします

Ⅱ.二部 新人会員歓迎会 ・・・【総合司会 尾松厚生部長】
1.挨拶
1)桑幡支部長・・忙しい中、14名と多くの新人会員の皆さんが参加頂き有難う御座います歓迎いたします 又、「わけもんの会」支部リーダーの山下総務部長並びに大内田事務局長へ感謝したい
2)大内田事務局長・・役員の紹介に続き、関西支部活動状況を語る 特に、関西支部同窓会のホームページを閲覧頂きたい(スケジュールから活動助教を網羅している)
3)顧問/相談役・・多くの新人会員の皆さんが参加頂き賑やかな歓迎会になった 引き続き「同窓生の集い」にも仲間を連れてきて欲しい
【食事をはさみながら・・新人会員が各々自己紹介並びに感想を述べる】

2.2019年度新人会員歓迎会出席者【総人数:14名】
1)新入会員(平成31年度卒)・・《9名》
①建築科・・4名②電気科・・3名③電子科・・2名
2)平成30年度卒・・《3名》
①建築科・・3名
3)平成29年卒・・《2名》
①建築科・・1名②電子科・・1名

以 上